ホーム>盛華園だより>蘭の育て方>8月の管理
蘭の育て方

8月の管理

1年で一番暑い季節がやってきました。比較的暑さには弱い植物です。近年の気候の変化にしっかりと対応していく為に、いつも以上に目配り・気配り・心配りをし、一段とお手入れや置き場所等工夫して丈夫な株作りにがんばりましょうhappy01

 

 

 

今月の管理 8月

 

 

水やり・・・表面が乾ききる前にタップリと。

 

施肥・・・葉面散布や水肥を月に2~3度定期的に。

 

消毒・・・月に1~2度は殺菌剤を。(「銅水和剤」がおすすめ)

 

見廻り・・・ハダニ、葉焼け、葉傷み、スポ抜け(雑菌腐敗)、古葉の処理、カイガラ。

 

植え替え・・・必要以上は避けた方が良いでしょう。(温度・遮光・風通し等、環境が良い場所は可)

 

 

 

 

 

8月のお手入れ ワンポイント

 

 

※一年で一番暑い季節です。置き場所や風通し等、管理を一段と工夫して、元気に夏越しが出来るように目配りしてあげましょう。ダイオネット等で直射日光が当たらないよう適度に遮光し、葉がそよそよと揺れるくらいの環境を作ってあげましょう。また、土の乾きも早いので、水切れしないように表面が乾ききる前にタップリと与えてください。

 

夏期に株分け・植え替えをした株(バルブや小苗は除く)は、水やりを通常よりこまめにタップリと与えてあげましょう。この時期に分けたものは水分を多めに与えてあげないと葉が落ちやすくなってしまうようです。

 

※昼間に暑くなった葉を冷やすために、涼しい夕方に葉水をかけて、葉を冷やし潤いを与えてあげると葉が生き生きし元気が出ます。蘭舎に打ち水も効果的です。

 

ハダニの繁殖期でもあります。葉裏の入念なチェックと葉水は発生を最小限に防げます。発見したら即座に殺ダニ剤で防除しましょう。

 

※肥料は8月までは、リン酸・カリ分の多い液肥をネフトールに混合して、天気の良い日の涼しい朝方か夕方1週間~10日に1度定期的に葉面散布か水やり時に与えましょう。気温が高いこの時期は、葉面散布後は風通しを良くするなどして、葉に水滴が長く留まったままにならないよう、出来るだけ速く乾かしてあげましょう(雑菌の繁殖を防ぐため)。

 

※小苗や夏期は、なるべく有機肥料は避けたほうがスポ抜けや立ち枯れを防げると思います。

 

※高温多湿になるとカビも発生しやすい時期です。古葉だけでなく新葉にも症状が出ている場合は、根に症状が出ている場合が多いです。葉だけでなく鉢に中にも殺菌剤を通してあげましょう(涼しい時間帯が良いと思います)。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.seikaen-ran.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/67

ページ上部へ