ホーム>盛華園だより>2016年12月

2016年12月

1月の管理

fuji新年おめでとうございますfuji

本年もよりいっそう、えびね蘭・寒蘭を愛する皆様方に感動していただけるような花の作出、苗作りを目指し、スタッフ一同誠心誠意努めて参りたいと思います。

えびね蘭・寒蘭の魅力をより多くの方々に知っていただき、盛り上げていくためにも、何卒本年も倍旧のご支援のほどよろしくお願い申しあげます。

新年こころ新たに愛情一杯お手入れ等頑張りましょうhappy01

春のえびね蘭・秋の寒蘭と良い花咲きますようお祈り申し上げますclover

 

 

 

 

 

 

今月の管理 1月

 

 

水やり・・・表面が乾いたら1~2日おいてタップリと。

 

施肥・・・葉面散布を入念に

 

消毒・・・月に一度は実施しましょう。

 

見廻り・・・冬至芽の状態、古木の傷み、ハダニ、カイガラ

 

植え替え・・・適期です。(寒風の当たる所では控えましょう

 

 

 

 

 

 

 

1月のお手入れ ワンポイント

 

 

※寒さには比較的強い東洋蘭ですが、寒風の吹き込みには注意しましょう。寒風が吹き込まないようにビニール等で冬囲いしてあげましょう。

 

※冬の葉面散布は株の充実の為とても重要です。バルブの力を充実させ、良い花を咲かせるためにも週1回定期的にネフトール+液肥(バランスの良いもの)の散布を実施しましょう。花がすごく良く咲くようになります。

また、肥料はチッソ・リン酸・カリウムに加えて、マグネシウム入りのものが良いです(光合成活動に不可欠です)。

 

※冬場もハダニ、カイガラムシの見廻りをこまめにしましょう。高度精製マシン油(ハダニ)、スプラサイド(カイガラ)等の薬剤散布で冬越し駆除を。

 

※この時期の水やりは朝暖かくなってから午前中に。気温が特に低くなる予報が出ている時などは控えたほうが良いと思います。

 

 

寒蘭の育て方(管理)について

 

※花が終わったら冬越しの準備を。植え替えが必要なものは極寒期に入る前に早目に済ませ、蘭舎に風が入らないように閉め切ったり、ビニール等で囲んであげましょう。必要に応じて暖房器具等で温度を保ってあげるとなお良いと思います。直射日光に当たらないように遮光に気を付け、日光をよく取り込むようにすると良いと思います。

 

冬の時期も葉面散布を定期的に実施しましょう。えびね蘭同様、ネフトールにバランスの良い液肥(マグネシウム入りのもの)を混ぜたものが良いです。新木のバルブの太りが全然違ってきます。バルブが太ると花が良く咲きます。

2016年出水寒蘭遅咲き展のご報告

2016年12月3日(土)・4日(日)と出水寒蘭遅咲き展が開催されました。

人気の紫尾系の特上花が揃う展示会ということもあってか、連日会場は県内外の多くの来場者の方々でにぎわっておりました。

こちらでは、当園の入賞花及び参考品として特別展示させて頂きました花をご紹介させていただきたいと思います。

 

20172810716.jpg

会場のようす

 

201728104426.jpg

当園出店ブース

 

20172810465.jpg

参考出品 左から日向の守、天下無双、武雄伝(全て仮称)

 

201728104826.jpg201728104932.jpg

天下無双(仮称) 

被写体は花末期でのこの花容。誰もが驚いた紅無点の特上花。

 

201728105135.jpg201728105212.jpg

武雄伝(仮称)

実際の花色は黒です。切れも良く、今までにあまりないタイプの花と人気を集めました。

 

201728105523.jpg20172810561.jpg

日向の守(仮称)

県展金賞。紅の広弁特大舌。1ヶ月程咲いているがほとんど崩れない特上花。無点になる可能性が大きい。

 

201728105937.jpg20172811025.jpg

特別金賞 騎士道(仮称)

当園紅無点花最高峰の一角。切れ味良く、堂々と凛々しく咲く花容に多くの注目を集めました。

 

20172811838.jpg20172811930.jpg

金賞 無名 青更紗無点大輪大舌

県展・全国展でも金賞。1ヶ月以上咲いているが花容が全く崩れない。

 

201728111341.jpg201728111513.jpg

特別金賞 紫尾大黒(仮称)

紅の大輪花。大黒が大きく迫力を増したような花で、たくさんのお声かけをいただいた人気花です。

 

201728112224.jpg20172811237.jpg

特別金賞 無名 紫尾山産 青大舌

紫尾系でも数の少ない希少品。照明の関係で少々淡く写っておりますが緑濃く、花も大きく、切れ・花間・花軸の伸びの良い紫尾産の特上花。

 

 

古木等、お得な分け木を販売しているものもございます。

在庫・価格等、お気軽にお問い合わせくださいませ。

2016年全国寒蘭展示大会のご報告

11月25日(金)~27日(日)まで博多スターレーンにて第38回全国寒蘭展示大会が開催されました。

全国各地よりの来場者が集い、トップクラスの大変美しい花々の競演で大変にぎわっておりました。

 

こちらでは、当園の入賞花のご紹介をさせて頂きたいと思います。

 

 

 

 

2016129141222.jpg

2016129141332.jpg

会場のようす

 

 

 

2016129141513.jpg

201612914167.jpg

当園出店ブース

 

 

 

 

2016129142011.jpg201612914213.jpg

財務大臣賞 無名 紅無点

解説:広弁で花も舌も大きく、舌は巻きも絞りもしない。花形も舌も花末期まで崩れません。当展示会でも非常に注目を浴びた紅無点の特上品です。

売約済 

 

 

 

2016129143627.jpg2016129143924.jpg

衆議院議員賞 無名 更紗黒ベタ

解説:花末期まで崩れない極濃色の全面ベタ舌は美しく且つパワフルな花で、今までにあまり見たことのない花と話題になった花です。

 

 

 

2016129144810.jpg2016129144846.jpg

なにわ蘭友会長賞 無名 青更紗無点系

解説:広弁で花も舌も大きくキレも良く、舌は巻きも絞りもしない。花末期まで花形も舌も崩れない青更紗の特上品。当展示会でも財務大臣賞紅無点と並んで非常に注目を浴びました。

 

 

 

2016129145817.jpg20161291508.jpg

山口光愛蘭会賞 【大雄】

解説:鹿児島県紫尾山産の特上銘花。緑濃く花も舌も大きく整い、1ヶ月以上咲き花末期まで崩れない。花間も良く花軸の伸びも良い。葉も濃緑の中垂れ葉で美しい。昨年に引き続き金賞を頂いた展示会でも人気も実力もある花です。

当ホームページにて古木販売中

 

 

2016129164042.jpg2016129164123.jpg

金賞 無名 紅無点系

解説:財務大臣賞紅無点に劣らず評価を頂いた花です。今年は本来の力が出ておりませんが、広弁大輪大舌の切れ良く舌も巻かない紅無点の特上品です。

 

 

 

201612916516.jpg2016129165243.jpg

金賞 【白妙の王〈仮称〉】 

解説:白妙と大雄の中間種で、一部では【紫尾大雄】とも呼ばれる、白妙の中でも特に良いとされる格別品。花形も舌も整い花末期まで崩れない。花間良く葉上に抜けて堂々と咲く花容はまさに白妙の王様。毎年展示会でも高い評価を頂いています。

当ホームページにて古木販売中

 

 

 

全国展を終えて・・・

数ある寒蘭の中でも、特に紅無点花や黄花や桃花の一級品が多品種に比べて少ないようです。

その中でも当園では、特に紅無点花や黒花や紫尾系新花の良いものがあると人気で、県内外のマニアの方々よりご注文を頂き、完売に至った花も多数ございます。

改めて、心より感謝を申しあげます。誠にありがとうございます。

これからも皆様に感動していただける蘭作りを目指して日々精進して参りたいと思います。

 

こちらでご紹介させて頂きました花は株分け販売可能なものもございます。

ご希望の蘭がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

12月の管理

寒蘭のシーズンも終盤を迎え、寒い冬がやってきましたsnow

えびね蘭にとっても寒蘭にとっても冬の管理はとても重要です。年末で忙しい時期ではございますが、水やり・施肥・見廻り等愛情一杯お手入れ頑張りましょうhappy01

 

 

 

 

 

 

今月の管理 12月

 

 

 

水やり・・・表面が乾いたらタップリ鉢底から流れるほど。暖かい午前中に。

 

施肥・・・葉面散布を中心に週1回定期的がおすすめ。

 

消毒・・・月に1度は実施したいものです。

 

見廻り・・・カイガラハダニの冬越駆除を。古木の葉傷み冬至芽の根押さえ

 

植え替え・・・適期です。

 

 

 

 

 

 

12月のお手入れ ワンポイント

 

 

 

※寒さには比較的強い東洋蘭ですが、寒風の吹き込みには要注意です。寒風が吹き込まないようにビニール等で冬囲いしてあげましょう。

 

※えびね蘭にとっても寒蘭にとっても冬の管理は明暗を分けます。特に冬場の葉面散布は株の充実の為にとても重要です。バルブの力を充実させ、良い花を咲かせるためにも週1回定期的に【ネフトール】+液肥の散布を実施しましょう。花がすごく良く咲くようになります。

また、液肥はチッソ・リン酸・カリウム分のバランスの良い配合のものを使用し、加えてマグネシウム入りのものが良いでしょう。(光合成活動にはマグネシウムが不可欠です)

 

※空気も乾燥しがちで、またえびね蘭の活動も活発です。土がすぐに乾きますので水切れに注意しましょう。この時期乾かしすぎると春先に古木が落ちやすいので注意してください。

 

※この時期まだ冬至芽が鉢上に上がってかないものがあれば、根で押さえられていないか点検し、上がってこられるようにお手入れしてあげましょう。

 

※まだまだハダニの発生に注意しましょう。入念な葉裏のチェックと、発見したら早急な対処が重要です。

 

ページ上部へ